この度のオープンに際し、焙煎機を半熱風式から熱風式に変更しました。

焙煎機図半熱風式では、生豆の入ったドラムが高温になりますが、今回の熱風式焙煎機でのドラムの温度は100度前後で安定しています。バーナーより発生した熱のほとんどが高温の対流熱として豆に熱を伝えます。

ドラムの熱で豆が直接焼かれるのではなく、対流する熱風が豆の芯に熱を伝えます。そのため、輻射熱や接触熱の影響をあまり受けません。

新しいの焙煎機では、ドラムの熱の影響がないため、焦げ目なく深く芯まで焼くことができるようになりました。

この熱風式焙煎機では、シティローストからフルシティローストでは、酸味が抑えられ、旨味が引き立ちます。フレンチローストでは、こげ臭ではない、本来の良質な甘苦さの表現が可能です。

より味・香りの深くなった 珈琲 BEANS 一休 の珈琲で、くつろいだひと時をお楽しみください。