商品検索
一休の自家焙煎豆
ブレンドコーヒー豆
マドンナブレンド
瀬戸内ブレンド
コジョロブレンド
銀河ブレンド
フォレストブレンド
エレガントブレンド
石鎚ブレンド
新居浜大島(水軍)ブレンド
太鼓ブレンド
88ブレンド(アイスコーヒー)
一休のストレートコーヒー豆
ブラジル-フルタル農園
ヤマモト
イりガチェフ(モカ)G-1
キリマンジェロ
マンデリン SGタブー
シェラウシーママサカロシ(トラジャ−)
ナリーニョ
アゾティア
ブルーマウンテン No.1
ハワイ コナ EXF
ハワイ マウイ モカ
発芽珈琲
発芽珈琲ブラジル
発芽珈琲ガテマラ
発芽珈琲コロンビア
発芽珈琲ルワンダ


深みの有る苦味の珈琲豆
香りが良くフルーティー
スッキリとした味わい
マイルドな味わい
お勧めセット
休日カレンダー

ショッピングカートを見る
一休のコラム
コーヒーに魅せられて
コーヒーを飲むとリラック
漢方に似た働き
美味しいコーヒーの条件
コーヒー豆の挽き方
コーヒーの酸味
コーヒー豆の賞味期限
一休その他
珈琲BEANS一休
rss atom


美味しいコーヒーの条件とは

1、スペシャリティーな豆かどうか。
食べ物でも飲み物でも一緒で美味しい素材で初めて食べて美味しいと思えるでしょう!コーヒーの美味しさも生豆で本質の70%以上決まります。

2、焙煎焙煎士の味覚や焼き方

3、点て方、グラインド(挽き方)や淹れ方、美味しい水
焙煎日から出来るだけ早く、淹れ直前に挽くのが理想的です。
(焙煎してから1ヶ月以上たっている、物は避けたほうがいいですね。)

おいしいコーヒーはやはり素材(豆)で約70%は決まります。
焙煎で約20%残り10%は点て方&おいしい水ですね。
よりおいしさを演出するには、一般的にはドリップ式、サイホンなどあります。
それぞれの点て方にも決まりがあります。
日本茶を淹れる時思い浮かべて下さい、よく似た点て方はドリップ式です。
苦味を出すにはやや高めの温度抽出で約95度ぐらいで沸騰して、抽出します。、
マイルドに飲みたい時はやや温度を低め約80度から85度で抽出すると苦味がまろやかになります。、
そしてサーバーにコーヒーが溜まりコーヒーカップに入れる時は混ぜて(攪拌)して淹れて下さい、
最初は濃く抽出され、だんだん薄くなるため、
コーヒーが均一になります。、
ドリップ式は慣れてくると自分のイメージに合わせて抽出できる、最も優れたものですね。
しかし、抽出の10%にこだわるより水にこだわったほうがいいと思います。このごろは色々な水が市販されています。スーパーなどでは無料のイオン水、私は、銘水百選に選ばれたところの水を汲みに行っています。市販のミネラルウォーターもいいですね。一休では、水は活性水を使っています。
色々な飲み方があります、自分に合った飲み方を探してください。